よくあるご質問
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1759
  • 公開日時 : 2020/04/21 00:00
  • 印刷

事務組合で賃金等報告書を印刷した際に、新年度賃金見込額欄の「1.前年度と同額」に〇が入らない

事務組合で賃金等報告書を印刷した際に、新年度賃金見込額欄の
「1.前年度と同額」に〇が入らない。
算定基礎賃金入力でも確定賃金を概算賃金に複写して同額になっているが、
「2.前年度と変わる」に〇が入ってしまう。
 
カテゴリー : 

回答

令和2年度より高齢労働者の雇用保険料免除廃止に伴い、高年齢被保険者がいらっしゃる場合は
確定年度の雇用保険料と概算年度の雇用保険料が異なります。
 
確定年度は「雇用賃金-高齢賃金」に対して保険料率が乗されて保険料が求められているのに対し、
概算年度は「雇用賃金」に対して保険料率が乗されて保険料率が求められていることから、
賃金が相違しているととらえて、「2.前年度と変わる」に〇が入る仕様となっています。
※上記のケースの場合は「前年度と変わるに〇を入れる」と、
大阪の労働局へ事前に確認を取った上での仕様としております。
 
ただし管轄の労働局によっては「1.前年度と同額」に〇を入れるように指示されるケースもあるかもしれません。
その場合はシステムで〇をつけることができませんので、印刷時に印字の有無の「新年度賃金見込額」のチェックを外したうえで印刷を行っていただき、手書きで〇をつけていただくようお願いします。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます